2011年5月23日月曜日

「明日の昼はカレーが食べたい。」そう思ってしまったので、深夜に鶏モモをやっつけて楽しむ週末を過ごしたのですよ。くたっと煮えて、うまい! #gohan

なんとなく鶏モモをクタクタなチキンカレーしました! #gohan
  • 【鶏モモを焼く】
  • フライパンに、「カレー粉まぶして酒に漬けた鶏モモ」を押しつけるようにして焼く。油は皮から出るので少なめで。
  • 【鍋で野菜を炒める】
  • つぶしニンニク、新タマネギスライスと新じゃがのざく切りを適当に油で炒める。
  • 【鶏を加えて煮る】
  • 焼いて染み出た鶏油ごと鍋にドボン。ひたひたっと水張ってコトコト煮る。
  • 【カレールー加えて煮る】
  • ルーを入れたら焦げないようにたまにかき混ぜたりしてじっくり煮る。
  • 【煮えたら味を調える】
  • たっぷり煮ると鶏がほろほろっとなるので、お好みの煮加減で。中濃ソースやガラムマサラで味を調えたら完成。
酒も飯も満タンに入ったど深夜に「暇つぶしと実益を兼ねた行動を起こしたい衝動がわき上がって参りました!」と興奮を隠せない私が居た。ほろ酔いでも酔っ払いは酔っ払いでありまして、実に度しがたい。
「しかし結果的にはグッジョブだぜ、昨日の私!」と褒めてあげています。前日に仕込んだチキンカレーは、やっぱりおいしい。

煮れば煮るほど原型をなくして溶け込んでいく鶏モモの旨みがたまりません。
だもんで普段一人でやっているとトコトンやっつけてしまうほどクタクタな煮えっぷりにもっていきがちです。
が、「もしも意見をきいてくれるのならば、できれば肉感もあったほうが嬉しい」なんてことを料理部長が言うのです。なるほど、そういうパターンもありでしょう。適度なタイミングで煮るのを止めてみました。
結果。とても、良いです。肉の塊が口に中でほどける、っていうのはそれだけで幸せ感が増す。人の意見は聞くものだなあ。一人で完結するのってツマンナイし、いいもんだー。

香辛料たっぷりに始まった今週。関東は雨がちな日が続くとの予報ですが、気持ちだけはすっきりしていきたいですよ。そんじゃまた明日!

0 コメント: