2009年10月19日月曜日

iPhone用のバッテリー付きケースJuice Pack Air購入しましたのでレポ。

私は驚愕した。一年ほど愛用してきたエネループmobile booster君の突然の家出に!
 はぁ、どこで落としたのかなー。ともかく、これはマズイ。外での情報集めはiPhoneに頼りきりの私です。ごりごりと充電をすり減らす私に、標準装備のバッテリーだけでは不安がありすぎる。
 かといってmobile boosterをまた買うのもオモシロミがないなー。好奇心を刺激してくれるイイの無いかなー。そんな感じで見つけたのがこちらjuice pack airでございます。amazonプライムで酔った勢いで注文。翌日ゲット余裕でした。8,600円ぐらいだったかな。

juice pack air.Battery and case for iPhone.
 外箱はこんな感じ。中にはバッテリー付きケース本体と充電ケーブル。

juicepackair01
 バッテリー付きケースはパカッとわれて、本体を差し込んだら上にヘルメットを被せるいめーじ。

front view.juice pack air.
 左がクリアタイプのケースつきiPhone。右がjuicepackair。割りと、厚いな。こうして見ると!

left-juicepackair.right-iPhone with clear case.
 横から見てみるとそうでもないんだけど。やっぱり厚みはでますね。左と右の位置がさっきと逆で申し訳ない。

juicepackair100percent.jpg
 装着後。バッテリーケースからの電源供給切り替えは、ケース下部のスイッチで行うのです。
供給ONにした状態で普段どおり使ってみましたが、優先的にバッテリー側の充電を消費するのでずーっと残量表示が100%のままでした。不思議な感覚。

juicepackaircharge.jpg
 充電の様子。付属のmicro USBコードを、iPhoneに付いてきた”USBを電気コンセントに突っ込むやつ”にドッキングして充電できました。私のPCは深刻なUSB口不足に陥ってますので、こうできると嬉しい。もちろんPCにもつなげますよ。※micro USBのB type。私の感覚だと割りとレアですね。mini USBならともかく。

juicepackairchargekit.jpg
 旅行用にもう1組充電キットが欲しい。そこでamazonでそれっぽいのを注文してみました。USB-micro USB-type Bの巻き取り式コードと、家庭用コンセントにつっこめるUSB ACアダプターです。

juicepackairchargekit02.jpg
 これで出先でも安心してiPoneを使い倒せます!

感想まとめ
  • 厚いな、やっぱり。でもすぐ慣れるレベル。Emonsterの拡張バッテリーなどつけて平然とできる人なら問題ないだろうな。
  • 数字見る限り、電池が倍になってるわけではない(iPhone3GSのバッテリーが1400mAとの噂を聞きましたが、juice pack airは1,200mA )ので延々と動画をとるとかするならやっぱりエネループとかあったら嬉しいところ。
  • 背面のランプでケース側の充電残量確認ができるのはとてもよい。
  • ストラップホールがない。重くなって、つるつるで落としやすいのに。ぐぐったらカメラ穴のところに通したり、穴開けてストラップつけてる方もいらっしゃるみたい。私はちょっとamazonで注文したClip hungerというやつが届いたらそれで対応しようと思ってます。レポも書きますよ。
  • バッテリーの充電がきれたら「このデバイスはiPhoneに対応していません。」みたいな警告文が出てきてびびったりしました。こういうの心臓に悪いね。
  • なんのかんので、倍(近い)電池の安心感。一体型だし、荷物の煩わしさも減って上機嫌。買ってよかった!


で、これを書いてる今現在2009/10/19 夜22時くらい。私が買ったときより値下がりしてる!600円くらい!ちょと悔しい!







Juice Pack Air for iPhone 3G ブラック



メーカー:FocalPointComputer

参考価格:¥ 7,819

価格:¥7,819

OFF : ()




0 コメント: