2009年11月18日水曜日

姑獲鳥の夏 京極夏彦著 を読みました。

分厚い小説だよなー、というイメージのみを抱えていた京極夏彦本に手を出しました。
 ざっくりこれはミステリーってジャンルなのかな、探偵出てくるし。
 前半ダルかったですが、噂どおり後半はサックサク読み進められるのが快感。ひきこまれます。人は心次第だなあ、などとしみじみ。戦後まもない時代の夏、というのもなんとも風情感じでよかった。

 怪異、というものに対して西尾維新の化物語とかでちょこちょこ読んでいたので割りとスンンナリ入れました。なんとなく頭をよぎった作品は、うみねこのなく頃に。それに中島らものガダラの豚、って感じ。「あー、あの作家はこういうこと言いたかったのかしら。」などとモゴモゴいうのが楽しいです。次の作品も読んでみなくちゃ。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)



著:京極 夏彦

参考価格:¥840

価格:¥840

OFF : ()




0 コメント: