2010年11月9日火曜日

おじき流豚キムチ。焼き肉用のチョット厚い豚バラの存在感が嬉しい。まさか冷凍ご飯をチンしてまでおかわりするほど米がすすむとはなあ!濃いめマジ美味! #jisui

おじきが豚キムチを作ってくれました! #jisui

仕込み。2人前。揉み込み、炒めて、盛っておわり。シンプルな流れの前準備。
  • [本日の肉]
  • 豚バラ(焼き肉用)200g。
  • 適当な大きさに切る。
  • 酒と醤油に軽く揉み込んで
  • 小麦粉を振って揉み込んでおく。
  • [他の具材]
  • キムチ適量。
  • ターツァイ適量。ざく切り。葉物ならチンゲンサイや小松菜など代用可能だそうです。
  • [調味料類]
  • 豆板醤。
  • チューブニンニク。
  • オイスターソース。
  • 鶏ガラスープの顆粒。
  • 全て適量、味を見ながら作りましょう。
火を使った作業に入ります。ともかく炒めるのです。
  1. [香りを出す]
  2. フライパンに軽くごま油をしき、ニンニクと豆板醤を入れ弱火にかける。
  3. [肉を焼く]
  4. 豚バラ肉投入。焼き目なんか付けちゃっても良いんじゃないでしょか。
  5. [その他の具材いれる]
  6. ターツァイとキムチ。ジューッと絡めましょ。
  7. [味の調整]
  8. オイスターソースとガラスープの顆粒を適量。味を見て完成。濃いめにし過ぎるとやばいけど、濃いめは米が進んでステキです。
  9. [盛りつけ]
  10. お好みでどうぞ。おじきは余っていたカイワレ大根をオンしてます。サッパリとしてナカナカ良いです。
肉に粉降るとやっぱり美味い。

しっとりとして味がよく絡むところに、しっかりとした旨みがあるキムチにオイスターソースだもの。言わずもがなの美味しさ。男的な、いや、漢的な満足ゲージが振り切れんばかりのガッツリ感がたまらない。麦酒党ならリッター単位で飲めるだろうし、米原理主義的にもおかわり必至。
豚バラ肉は切り落としも美味しいけど、ちょっと厚めも美味しいなあ。存在感があってとてもとてもステキです。ボリューミーな一品を求める貴方に、是非。

0 コメント: