2011年2月23日水曜日

貰った牛挽肉の処遇はベタにハンバーグって事で落ち着きました。肉汁にトマトケチャップに中濃ソース。さらにたまねぎソースで甘みもいれたらより美味しくなったので満足ですよ。牛は高いから手がでないけど、イイヤツかもしんない。和解。 #jisui

牛挽肉をいただいたのでハンバーグにしました! #jisui
  • 【こねて形を整えます】
  • 牛挽肉200gにたまご1個、薄力粉大さじ1、塩胡椒、ナツメグ。炒めたまねぎ1個分。粘りが出るまでこねて形を作ります。
  • 【焼きます】
  • ジューッと焼き目を付けたらひっくり返して水いれてフタしてじっくり。火が通ったら皿に移す。
  • 【タレをつくる】
  • トマトケチャップ+中濃ソースが基本で。今日は「たまねぎソース」って市販品の甘み良いソースがあったので混ぜました。旨いのでおすすめできます。
縁がない。肉に縁は?ある!鶏は仲良し。豚はそこそこ。でも、あのこの事はよく知らないの。ビーフさんの事よ。縁がないのだからしょうがない。むしろ金がないのだからしょうがない。そう思っておりました、が。
冷凍の牛挽肉をいただきましたの。「これは大事に使おう」としまっておきました。じっくり知りたい、牛さんの事。ここまで先日の出来事。

本日「ホルモン炒めを作ろう」と、おもむろに冷凍庫をあけましたら、あらまあ仕込んでおいたホルモンがもぬけの殻。そういや先日の宴で食べちゃいましたっけね。うっかりな自分に惚れそう、ぐらいに錯乱。
肉抜きの晩飯も作れますよ。作れますけど、今日は「ホルモン炒めの口」だったわけでして、肉を食わなきゃ収まりがつきません。そう囁く私の中のニューヨークの幻。そして冷凍庫にはビーフ挽肉。そう、ついに、牛さんと対話するステージが整ったのだ。

いよいよ対話するわけですが、牛挽が非日常の存在であるとはいえ、あくまで挽肉です。普段通りにこねて焼いてみました。
なんかちょっとユルいタネでしたが問題ない出来上がり。いざ食べてみると、なかなか旨いですね。牛。牛の香りが良いです。こう書くと田舎の香水(タンボにまかれがギューフンを指す隠語)が脳内に再構築されて遺憾でありますが、それはともかくなかなか美味。
なるほど牛、侮りがたいものです。セロリ角切りにして入れたらどうかなあ。と、考えたりもしました、が。100g200円近くする牛挽肉を自分から買う日は果たして訪れるのか!?それは短期的にも長期的にも謎なのです。ひょんな事から解ける事を祈っております。
そんじゃまた明日!

0 コメント: