2011年2月28日月曜日

コッテリホルモンをコッテリ揚げ野菜と一緒に炒めて、ニンニク醤油にオイスターソース。コッテコテに仕上げてやり過ぎたと思ったら酢をかけて帳尻を合わす。そうやって高い熱量を摂取していくのだ! #jisui

ホルモンと揚げ野菜をニンニク醤油でコッテリ炒め! #jisui
  • 【揚げる】
  • 漬け込んでおいたホルモン、各種野菜を先ずは揚げます。今日は人参、たまねぎ、白菜、もやし。もやしは油が絡みすぎるのでちょっと失敗だと思いました。
  • 【炒める】
  • 網で油を切った具材をフライパンに移して、ニラと一緒に炒める。味付けは、酒、醤油、ダシの素、チューブニンニク、オイスターソース!テリッと仕上げて出来上がり!
コッテリにコッテリを足して重厚な戦車のような食べ物と闘いました。いつだって私たちは愚かな挑戦者でありたいし、愚か者は胃がモタレルのです。逃げ場は無いのだ。
もやしにまで油通しすると油が絡み過ぎ。ましてやお相手はホルモンですもんさ。美味しかったけど無茶しすぎました。
が、食い物は無駄にしない。重すぎた一品は、クッキングペーパーで押さえつけつつ油をとっておもむろに酢をぶっかける。これでおっけー。ガンガンいけるようになります。さっぱりと事なきを得るのです。帳尻さえあえば良い。カロリーの項目は捨て置きましょう。ちなみに「棄てられないひとは、太るヒト」というのは実感してますが、しょうがないのさ。性分だ。

それにしても素揚げ野菜に中華っぽい味を絡める、というのがとても美味しい。なんなら肉が不在でも良いほどに。揚げ野菜をこってりオイスターソース味にするだけで中華屋さん風の本格感。つまりは「母ちゃん(と呼ばれる一群)がキレルような油量の食い物はやっぱり旨い」ということです。お店の味って、ソウイコトカ。やっぱりうめえよ、油と塩。野菜いっぱい食べても不健康方面ですが、ソレが良いんだ。

油でてかてかした唇を舐めながら、また明日!

0 コメント: