2011年3月3日木曜日

同居人が作ってくれた野菜炒めは相変わらず美味いわけですが、新アイテム「トウチジャン」が入る事によってさらにレベルが上がった。ご家庭の味から町の中華屋さん方面へ一歩踏み出した、感!? #jisui

同居人作、豚と野菜のトウチジャン炒め。良い風味でお店っぽい!
  • 【調味料】
  • 酒、醤油、みりん、チキンスープ顆粒、オイスターソース、チューブニンニク。この辺の定番にトウチジャンが加わるとグッとお店っぽく!
  • 【炒める】
  • 豚、もやし、ニラ、キャベツなど。定番を炒めて、調味料をどばっと。完成!
桃の節句の日ですが、一切関係なく野菜炒めの記事ですよ。相変わらず季節感がないブログですがなにとぞよろしくどうぞお願いします。さて。

うちの身内たちが高校生の時からこぞって通っている中華料理屋があるのですが、そこの野菜炒めってやたら美味しい。野菜まできっちり油通ししてあったり、揚げ油の香りがラード的ソレであったりと基礎からしっかり美味しく組み上がっていたりして感服するばかりなのですが、どうにも味付けが独特という特徴も。普段家で食べられないようなコクがある、ような気が。とっても大きな謎なのです。
で、その謎が解けたわけではないのですけど、それなりの別解というか、なんというか。
同居人が作ってくれた豚と野菜の炒め物が、実にとっても例のヤツに迫る勢いでウメえ!感動したので今日の記事は、そこに入っていた調味料押しです。なんの問題もありません。

トウチジャン。これが今日のポイントだったようです。いつもの野菜炒めの味付けにトウチジャンを加えると、いきなりガラっと踏み込みの充分な味になりましてちょっとした彼岸への縮地をキメてきます。深いコクがばっちりなのはモチロン、ヴィジュアル的にもタレがちょっと黒くなるあたりタマランわけですよ。良い調味料だな、トウチジャン。もやしもんを今年になって読んだので、ワタクシの中で味噌がやたらアツイ。プッシュですよ、プッシュ。

野菜炒めはコッテリと。皿にうっすらと残るタレは、油と旨みでトロッとしてるのが好き。ほっともっとの野菜炒め弁当の容器って、洗ってもギットリですよね。ああいうのが良いんです。野菜食うならハイカロリーに!味噌系つかってトロッとコッテリに!ソウシマショウ、ソウシマショウ。健康はちょっとだけ気にしつつ、ね。

それではまた明日もこの辺でお会いしましょ。満腹の腹で貴方をお待ちしております。

0 コメント: