2011年3月29日火曜日

宇都宮の餃子はたしかに美味い。が、ほかの点心だって美味いんだ。例えばこのオリオン通りにある銀座園の、焼売なんて絶品だよ。干し貝柱が入って旨みがたっぷり。ビール飲もうぜー。 #Utsunomiya #Miyameshi

宇都宮銀座園の絶品干し貝柱入り焼売390円! #MiyaMeshi

オトナに紹介したい中華料理屋さん、なんていうと敷居がずいぶん高そうでしょ?
なるほどたしかにビシッとしたお客さんがたくさんいたり、料理の盛りも多いし人数居ないと使いづらいような感じしちゃうかも。でも、大丈夫。しっかりしたお店ってのは、いろんな状況にしっかりと対応してくれるんです。
例えばここ、銀座園もそんなお店の1つです。

私はふらっと一人で飲み歩く事が多いのですが、「回るテーブル系中華屋さんはちょっと行きづらいや。」なんて思いがち。メニューの量がどうしても、ね。数人で食べるの前提になってたりするし、しっかりとしたお値段だったりするしねえ。
でもさー、美味しい中華屋さんでちょっとビールや紹興酒をひっかけたいなーって気分時はあるわけでして。「じゃあ、どうしよう?」ってなったら私はここ銀座園にスーッと入るわけです。
店長からはじまって店員さんがみんな気さくでいいんだ。「一人客なもんで普通盛りじゃなかなか食い切れないし、どうしても量があると飽きる。」そんな心配を蹴散らすように料理を小さめサイズで作ってくれたりするんです。
そんな気遣いのある炒め物でビールをぐっとやる、なんてのもなかなか楽しい。イイ夜になります。

が、さらに軽快に「今日はあと何軒か飲み歩きたいな~」って時もあるわけでして、そんな時に小皿とはいえがっつり系を食べると重すぎる。跳ね回れない。それは困ってしまう。はい、やっと本題に辿りついたよ。
点心食おうぜ、点心を!
量もお値段もお手頃で、一人でさらっと肴にするのにはぴったりなんだよ、点心は。

宇都宮は餃子で有名でして、こちら銀座園のゆで餃子も勿論やっぱりおすすめしたい。が、中でも私がプッシュしたいのは写真のこれだ。干し貝柱入りの焼売。
酢と辛子をつけて、じゅわーっと熱々の旨みがしみ出てくるところに、麦酒。もしくは紹興酒。フーッと鼻に抜けるその瞬間を切り取ってずっと幸せになりたい。
かといってその幸せは押しつけがましくなく、ちょうどいいボリュームで胃の腑に溶けて、苦しくならず次の店への架け橋になる。実にはしご酒向き。バランスの良い遊び相手といった風情でしょうか。
是非、宇都宮へお越しの際には餃子以外の点心もお召し上がりくださいな。特に銀座園のそれは、とてもとてもおすすめなのですよ!

それではまた明日もご飯の話題で、この辺で。

過去記事やぐるなび貼っておきますので是非合わせてどうぞ!


0 コメント: