2011年3月30日水曜日

さっぱりと、ちょい辛なサルサソース(っぽいなにか)を作って挽肉丼しようぜー。不思議と春を感じるタコライスっぽい丼よ! #jisui

タコライス作りましたー。
  • 【サルサっぽいのつくる】
  • トマト缶、たまねぎ、ピーマン、さっと煮てタバスコ、レモン汁、塩胡椒。お好みでバジルも。冷蔵庫で冷やす。
  • 【挽肉炒めつくる】
  • 豚挽肉を酒、みりん、醤油、塩胡椒でシンプルに炒める。
  • 【盛る】
  • ご飯に、レタス、サルサソース、チーズ、挽肉を乗っけて完成!
作り方はこんな感じで!
Cpicon トマト缶使ってタコライス気取り丼! by きみしよ

春です。「さっぱりとした丼が食べたい。」と、ゴーストが囁くのも仕方がない季節です。
さっぱりって言っても、なんでタコライスなんだろう?それは、恐らく、先日食べたタコスが深層心理どころか表層心理から刺激してきたからに違いないっす。よっぽど美味しかったんだな、先日食べたピタパン使ったタコス。余談ですが、鹿沼市のRubatoってバーのタコスはボリューミーで美味しいからおすすめですよ。

閑話休題。心のおもむくままにタコライスを作るべくうごくわけですが、うちの同居人は生トマトが食えません。ので、トマト缶を使います。かえって安上がりだし美味しいし、缶詰ってほんと良いものですよ。
あと、大きく育った生タマネギの辛さが苦手な私はさっと煮る、という手法をとりました。シャクっとした食感残しつつ辛み→甘みになるので、新タマネギでない場合は「しっかり水にさらす」or「さっと煮」すると私好みなのです。いかがでしょー。

味はあまりしっかりとした塩味をつけずに、テーブル調味料で調整してもらうと楽しいかも。マヨネーズはもちろん、追加タバスコ、スイートチリソース、トマトケチャップなんかも美味しいです。ゆるくカフェめしっぽい感じで提供したい。そして、モテたい。それは果たして、どうだろうか。一見カフェめしっぽいが、完全に大盛りの挽肉丼だしなあ!

いろいろ達観しつつ、また明日ですよー。今日も美味しく食べましょう。

0 コメント: