2011年4月28日木曜日

脂がぷるんぷるんして酒も米もすすむ豚バラの中華香料煮は如何ですか?花椒、五香粉、八角と普段使わないモノをばんばん使うと楽しい気持ちになります。エキゾチック。 #jisui

豚バラの香料煮!
  • 【豚バラブロックを焼く】
  • フライパンで焼き目をつける
  • 【カラメルダレを作ってそれで30分煮込む】
  • 料理酒に砂糖を入れて沸騰させてカラメル作り、そこに生姜や中華なスパイス(八角、五香粉、花椒)を入れて一煮立ちさせたら、肉を入れて一煮立ち。
  • 【塩気をいれてしっかり煮込む】
  • 香りよくなったら、醤油をいれて塩気を加えしっかりと煮ていく(例えば2時間ほど)。味付けについては、あとで煮詰めるからあまり濃くしすぎない。一緒にタケノコの水煮を入れておくと良い付け合わせになります。
  • 【汁気を飛ばすように煮込む】
  • 頃合いをみて煮汁を煮詰めていく。
  • 【薄く切る】
  • 脂身のほうから切ると、たいへん切りやすいです。厚く切りすぎると脂でモタれます。
  • 【煮汁にとろみをつける】
  • フライパンに煮汁をとり、片栗粉でとろみをつけてやります。これをかけると美味い。
中華スパイスは使ってませんが、この動画がとても参考になりました。



さらに参考になったのがこちらのレシピです
脂だ。脂が美味い。豚バラってのはとどのつまり、脂の旨みを味わうための存在だと思うんだが、これがプルンプルンでありトロットロであるあたりに悪意すら覚えるほど恍惚とするのだ。悪ってカッコイイ。体に悪いあたりが特にカッコイイ。
「でも、いいの。あたい、あんたのこと、すきじゃもん。」と、どこかの地方で今日もワルが調子に乗るようなことを言われて悦にいっているに違いない。なんてうらやましいんだ。
と、言いつつも「この原価でこのお味!ふははははっはっ!」と私も私で狂ったように高笑いしてやりましたら、なんならうらやましがっていただいても良くってよ?

うまい。が、要研究だ。大きな切り身で食うと胃がモタレてしゃーない。これはタケノコだけでなく大根なんかも入れて一緒に煮込んでやるべきだし、なんなら形状も角切りにして丼にするという方向にシフトするのもクレバーではあるまいか。
なにしろスゴイ脂なのだ。「美味い」と「飽きる」は諸刃の剣。バランスをしっかりとって、私というわがままな顧客を満足させつつ蹴飛ばしてやりたい所存。

さあ、今週はこんなもんだ。いよいよ連休にはいりますが、連休中は基本的に更新しません。5月の第2週にはいったころまたお会いしましょう。
休み中、暇を持てあましたらまた更新するかも知れませんが、そのときはどうぞよしなに。それでは、また!

0 コメント: