2010年3月24日水曜日

跳ね回るように飲むのに新梅田食堂街は適したカオス感であり、えき亭の「明石焼きと生麦酒のセット」なんてまさにピッタリなんだ!

新梅田食堂街のえき亭の明石焼生ビールセット!とろっとろ! うめえ!

  • 梅田駅というでっけーターミナル駅の真横にビタッとついている食堂街。いきなりの路地裏感がたまらないステキゾーン!
  • ふわっふわの明石焼きをつけるダシはおでんの入れ物からとってましたけど、それがまたウメエ。
  • セットで1,050円でございます。たしか明石焼きとハイボールのセットは1,000円だっけな。
  • ランチはおでんの定食があったから今度はそっちも食ってみたい。
 もはや箇条書きですべて言いたいことは言っているわけですが、いちおダラりと書きましょう。
 大阪は梅田。やたらでっかい駅を歩いているとアタリマエのように「路地裏にしか見えない食堂街」が出現します。新梅田食堂街、ここはヤバイ。先日書いた松葉総本店もある場所。ターミナル駅びったびたの立地にもかかわらず安くてうまそな食い物やが密集しているのです。

 マクドナルドの横をススーッと入っていって最初の十字路を左に折れて、そのどんつきの左手で「えき亭」と出会えました。入っちゃいました。だって、こんなナイスなメニューが飛び込んでくるんだもん。「明石焼きと生ビールのセット、1,050円。」やっぱり粉モノで飲みたいよな、大阪行ったらさ。せっかくだし!
 席はカウンターのみのお店です。スーツの関西イントネーション集団が混んでました。地元民にも愛されてるっぽい?
 とりえあず目的の品をオーダー。生ビールはひょろりと長いグラスで。ちびちび舌をぬらしてると赤い板に乗って明石焼きがやってきます。ふわっふわだね、明石焼き。おでん炊いてる鍋から出汁を掬ってつけ汁にくれますので、焼きたてめちゃアツの明石焼きを放り込んで適温にしつつパクっといった。ダシの味がしみて、ふわっとした衣の味、んでタコを感じ、る前に若干舌を火傷しました。急ぎすぎるな、関東者。思ったより内部は熱いぞ!ハッフハフ言いながら麦酒で口内を冷やすと大変幸せに!板に乗ってる8個分、それを繰り返すサク飲みがタマランわ。

 えき亭の明石焼き、とっても気に入りました。なかでもあのツケダシがほんとうまかったので、元になってるおでんも食ってみたい。定食もあるそうですね。米にもあうかもなー。あ、でもやっぱ肴でもらってもいいなあー。思い返すとわくわくしてきます。
 お店のおねえさんもたいへん感じの良いひとですので、一人でも安心。さあ、えき亭へゆけ!関東の旅行者たち!もちろん地元民も!梅田新食堂街、とってもおもしろいな!

 お店の詳細は
えき亭 えきてい - 梅田/明石焼き、焼きそば、おでん、焼きソバ [食べログ]
 にてどうぞ!

0 コメント: