2010年5月11日火曜日

洞窟を酒蔵にしてる島崎酒造に社会科見学に行こう!試飲も振る舞ってくれまり!すごいわ、那須烏山市の観光地度がうなぎ登りだよ、飲兵衛的に!

再送?どうくつ熟成の試飲まじ美味え!烏山市、島崎酒造いい わあ!
島崎酒造のどうくつ酒蔵

宇都宮で一泊して、さて日曜日は何処に行きましょう?電車でさくっといけるところ。日光がベターかな。那須・黒磯方面も良いかしら。たまには目線を変えて宝積寺乗り換えなどしませんか?烏山線に乗り込んで那須烏山市の島崎酒造を目指してきました。

島崎酒造は洞窟を酒蔵として使っているのですが予約すると見学させてくれるのですよ。これがなかなかオモチロイ!まずはお電話してみましたら、午後からの見学オッケーと快い返事。早めに着いたのでちょっと観光してからお店の方に伺いましたよ。そして店長さんカーに乗り込みましてトンネル越えてさくっと洞窟酒蔵へ。
良い雰囲気なダンジョン的入り口を入っていくとそこは上記写真(2枚目)のようなガチ洞窟で、ガチ酒蔵です。外気温25度オーバーの日でしたが、気温はヒンヤリ15度前後。年間平均で10度前後だそうな。特別な空調を使っているわけではないそうで、リアルに自然の冷蔵庫。すごい。
湿度がすっごい高いそうですが室温とあいまって全然嫌な感じがしませんでした。
説明を聞いたり蝙蝠にキャッキャ言ったりしてるうちに楽しい時間はするりと終了。再び店長さんカーでお店へ戻りまして、さらにここからもお楽しみ第2弾!

写真一枚目をもう一度ご覧ください。洞窟熟成の吟醸酒、年代別に出してくれまくりです。最古のだと22年前のヤツまで!もうね、紹興酒的風味まで付いちゃってるの。時の経過で酒の味ってあんなに変わるとは知らなかったよ。壮大ななんかを感じたり酔ったりしますねえ!
店長さん気前が良い。ケチらない。ガンガン出してくれる。どうくつ酒のみならず、ノーマルな生貯吟醸、生吟醸、原酒超辛口など好みを言うとバンバン注いでくれましたよ。もう、ね。楽園。烏山良いよ!全然日光に負けない観光地だよ!

こんだけ振る舞って美味しくいただいちゃっても決して高いお酒を売り込まない。あくまでご自由に、という感じ。すごくね、平和的。こっちもゆったりお土産選んじゃいますね、そりゃ。
4合瓶あたりを家用にちょろっと見繕いつつ帰りの電車用のワンカップもゲット。吟醸アイスっていう名前のついたカップアイスも酒のかほりがほんのりして大変美味しいので是非買って食べるべし。ほんとごちそうさまでした!

ホロホロと酔いどれながらニコニコ顔で烏山線に乗り込んだ私たちは山の緑色を眺めつつおもむろにワンカップで乾杯するのよ。ベンチシートだって呑んじゃうし、電車の遅延とかもうどうでも良くなってた。
平和な日曜日を全力で味わいたい方に、宇都宮から1時間弱で行ける烏山線終点、烏山を大プッシュしたいわ!島崎酒蔵で美味い酒、東力士をご堪能あれ!

烏山、夏になったらヤナで鮎食いに行きたいなあ。モチロンお土産には東力士買って帰るぜ!
余談ですが俺の一番好きなのは原酒の超辛口ってやつ。ほんと良いですよ。


枚数は少ないですが何枚か撮った写真をセットにてFlickrにおいてあります。良かったらご覧ください!
島崎酒蔵へ烏山線で。 - a set on Flickr

洞窟酒蔵がステキで、気っぷがよくて、東力士が超美味い島崎酒蔵のホームページはこちらです!
東力士 株式会社 島崎酒造

0 コメント: