2010年8月10日火曜日

タイな感じに挽肉炒めて目玉焼き丼作ったよ!エビミソが効いてうめえんだわ、ガパオ

#jisui ガパオ作った!タイな目玉焼き丼!

オトコノコは丼が大好き!だからガパオも大好きだ!
今日のガパオは1人前計算で。

今日は「タイっぽい調味料」作ってからガパオ本体にとりかかるよ。

タイっぽい調味料の材料
  • カピ(えびみそ)ティースプーン1つくらい。
  • ニンニク1欠片-みじんぎり
  • 鷹の爪1本-はさみでパチパチ小口切り。
フライパンで作るよ!
  1. フライパンに油いれてカピを溶かし込むように混ぜつつ炒める。弱火!すげーパンチの効いた香りがするぜ。跳ねるから気をつけて。
  2. ↑カピとかねえよ!って人は無くても良し。もしくは塩辛をまな板で叩いて代用でもよし!
  3. ニンニクと鷹の爪入れてしっかり香りをだしたら完成。若干目が痛かったりするよ!
ガパオの材料1人前計算。
  • 米は炊いといてね!
  • 挽肉75g-100gくらい。
  • 野菜。今回はピーマン1個、エリンギ一本を適当に切っておきました。
  • さっきつくった「タイっぽい調味料」をカレースプーンで半分強、くらい用意。
  • オイスターソースカレースプーン1つ。ナンプラーカレースプーン半分。逢わせておくと後がらく。
  • たまご、わっとく。目玉焼き用。
では、炒めて、持って、目玉焼きのっけるまでやりますか。
  1. フライパンに油しいて「タイっぽい調味料」と挽肉入れて炒める。
  2. オイスターソースとナンプラーを投入。野菜もいれちめえ。
  3. 程よく炒めてご飯にかけよう。
  4. 目玉焼き焼いてトッピング。完成!お好みで鷹の爪散らしたり、酢をかけても美味いよ!
挽肉と野菜の炒めが米に合う。しょっぱくし過ぎには注意な!



カピ、ニンニク、オイスターソースにナンプラー。旨みと強い香りにたっぷり効いた挽肉と野菜が米にたっぷりかかってるわけ。そりゃあ、ねえ。ウメエだろ!

カピにしろナンプラーにしろ思いのほか塩っ気が強いので入れすぎると後戻りが効かない。適度に!徐々に!入れようね!

カピだよ!カピ!エビミソがネックなんだよ!


これがあるとすげータイっぽくなるんだよ。でもさ、実際独り暮らし男子の生活にカピの居場所はねえよなあ。
じゃあどうするか、って話なんだけど、上にも書いたとおり塩辛で代用しても良いと思うんだよね。ちょっとクセと言いますか風味を付けたいわけだから。
もしくは、桜エビ叩いて入れても良いだろうな。旨みも香りも良い感じに出る。

とはいえ、ネックでひっかっかって作らないんじゃもったいない!

と、ちょこちょこ打開策を書いてみましたけど無いなら無いでイケル食い物はできるはず。ニンニクと鷹の爪だけでやってみてもアリだと思うよ!一生作らないベストなものより、作るだけ作ったベターなもの方が、次につながるから!

明日はタイ風焼きそばの(似非)パッタイでも作ってみるかなあー。偉大なる参考元レシピをリンクしときますので、「カピ買ってきてイロイロやってみよう!」なんてチャレンジャーなヤツは参考にしたらいいじゃねえけ?

0 コメント: