2010年9月3日金曜日

ミリンと泡盛があればー、チャンプルーが作れるんだなー。今日は素麺チャンプルーが美味かった。 #jisui

#jisui ありもので素麺チャンプルーが、思いのほかうまかった!

正直、飲むとなると泡盛が苦手だ。

いやー、焼酎大好きなんですけどね。残念ながら泡盛は今のところばっちりなヤツに巡り会ったことがない。ほぼ悪酔う。体に合う、合わないってのはどうしてもあるかんねー。誰が悪いわけじゃないんさ。
ま、ま。そんな理由で泡盛が余っていたすよ。持て余していたんすよー。

男子ごはんでチャンプルー作るときに泡盛使っててビビっと来たね。

これしかない。余った泡盛を消費するならば、これしかないわチャンプルー。俺はそう思ったね。
味付けも簡単だ。醤油、ミリン、泡盛。こんだけだもん。こりゃ、いいや!


大きな流れ
  1. 具材を切る
  2. 炒める
  3. 味付けする。
こんだけ。では、いつものように仕込みからメモっておきますかねえ。
  • 合わせ調味料作り-大さじで醤油1、みりん1、泡盛1.5 を混ぜておく。
  • 具材を切ろう。
  • 茄子1本-皮ピーラーで剥いて輪切りにして水にさらす
  • タマネギ-半分をスライス
  • にら1束-そこそこ細かく切っておく
  • 厚揚げ-適当に切っておく。余裕あったら溶き卵絡めて先に焼いておくと美味いよ。メンドイならやらんでよし!
  • 肉-無かったからソーセージ食いたい分だけ。良いんだよ、あるもんで。
  • ソーメン-茹でたヤツ余ってたので入れました。
  • おくら-これもあったから入れたけど、わりとアリよ。
  • ニンニクとショウガは1欠片みじん切りで。
フライパンでやっつけるよ。
  1. 香り出し。フライパンにごま油。だけじゃ濃いのでサラダ油と半々ぐらいにしてニンニクとショウガ炒める。(忘れてて後から入れたけどそれでも間に合う)
  2. ソーセージ炒める。もしニラが時期的に固いようだったり、茎の方が固そうなら一緒に投入。
  3. 野菜とか厚揚げとか適当にぶっこめー。
  4. 茄子の火の通りが不安ならちょっと水ぶっかけてフタして蒸そう。
  5. 良い感じになったら合わせ調味料をぶっ込んで味見。薄けりゃ同じ比率で徐々に加えてみよう。
  6. いちお、完成!もしソーメン入れるなら投入。汁気がなさ過ぎると厳しいのでなんならちょっと水足してからでも良いかも。
調味料がシンプルな割にうめーよー。肉の出汁がいいんだろう。

ソーセージの出汁がでてるのかな。けっこう良い風味。スパムでやったらもっとうめーかな。いや、むしろ基本は豚バラ肉なのであれば豚バラが望ましいよな。想像想像。何はともわれ、どう転んでも肉の旨みがうまそうだよ!

人参入れたらもっと綺麗よな。

色味としては人参が欲しいや。カロチンも含まれてるし、今度は入れたいな。しょうがないのよ、在庫でなんとかするのもカッコイイと思っちゃうんだから。男って馬鹿ね。俺が馬鹿なだけです。
みりんさえあれば、かんたんに作れるんじゃね?泡盛はなけりゃ酒でも良いそうだ。でも、泡盛だとグッとぽい感じになるってさ。たしかに、なった。

そんじゃ男子ごはんの元レシピはっておくわ。そっち見ながら作るのがとっても吉よ!

0 コメント: