2010年10月25日月曜日

具を小さく切ってさくっと短時間で作れる豚汁! #jisui

#jisui 豚汁、っていうかもはやきのこ汁うまーい!

仕込み。結果的に鍋一杯になってしまったのでなあ。6人食分や8食分くらいありそう。
  • [具材を切る]
  • 豚切り落とし。100gちょいくらい。
  • タマネギ1/2。スライス。
  • エリンギ1本。サイの目に切る。
  • しめじ1/2パック。石突き切って適当にばらす。
  • エノキ1/2パック。石突き切って、4cmくらいにぶつぶつと切る。
  • じゃがいも2つ。芽をとって皮剥いて、スティック状に。
  • にんじん1/2。皮剥いて、縦半分にして3mm幅くらいの銀杏薄切りに。
  • 大根8cm分くらい。皮剥いて5mm厚くらいの銀杏切りに。
  • 豆腐300g。サイの目に切る。
  • [水]
  • 2リットル。具材にあわせて入れたらそのぐらい必要になりました。具を入れすぎた。具の量によって感覚で調整。
  • [味噌]
  • 大さじで5つ。味をみながら「ちょっと薄味でガンガン食べらる」感じに入れていったらこのぐらいでした。実質的には味見ながら感覚で。
  • [その他]
  • 料理酒を用意しておきましょう。
  • 油はごま油で。
  • かつお出汁の顆粒とかあると嬉しいです。
  • 七味用意してあるとステキです。
さあ、作りましょう。でかめの鍋があると安心。
  1. 炒める。鍋にごま油をしいて、豚肉とタマネギを良い感じに炒めたら茸類、野菜類を投入してさらに炒める。
  2. 水を入れる。料理酒をちょろっと入れて焦げをそぎつつ、水をドボドボといれる。
  3. 煮る。しっかりと火を通しましょう。豆腐も入れてしまおう。そして15分ほど。
  4. 味噌入れる。味を見つつね。水2リットルくらい入れたら大さじで5くらいだったよ。
  5. 調整。物足りなかったら軽く鰹ダシの顆粒なんかを振って混ぜると味に気合いが入ります。
  6. 盛って完成!お好みで七味振ってね!
冬はやっぱり豚汁美味しい。

余った豚100gとたっぷりのジャガイモの消費方法考えてたら大根が舞い込んできました。こりゃ、豚汁しかないでしょう。案の定美味しい。そして材料小さくしてあるから煮えるの早い早い。あっという間に完成ですよ。お手軽で美味しくていいわー。仕事終わりに疲れてるとき、やっぱり野菜は嬉しいけれど煮てる時間はとりたくない。そんな時はこの方法ありだと思いますよ。具材は小さくササッと煮てしまう。無理せず温かいお野菜で暖まれるって、イイネ!

反省点

反省っていうか好みの問題なんですが。野菜はごろっとしてたほうがやっぱり好きなんだなあ。田舎のこなのでけんちん汁やなんかはゴロゴロの野菜で食ってました。そのイメージでこの豚汁と相対致しますとちょっとゴリゴリ感が足りません。優しくてフットワークの軽い感じですが、もうちょっとヤンチャでアホっぽい田舎のガキ大将的豚汁もやっぱり良いよなあ。
マラソン大会のゴール時に食わせてもらった豚汁。あんなのが食べたい。びりの方から数えた方が早くて、ゴール時に拍手まじりだったりするあの苦笑いを思い出しながら食べたい。もちろん、このスピード豚汁も魅力在るんだけど!いろいろあってなんとも、ああ、豚汁って良いなあ!

作るきっかけになった男子ごはんレシピをリンクしておきますので是非そちらもご覧になってくださいな。

0 コメント: