2010年12月1日水曜日

焼き目付けたきのことゴボウをアンチョビ風味にしてみたら、なんだかとっても酒がすすむんです! #jisui

きのことゴボウのアンチョビ炒めで末廣の熱燗をキッチンドランクしております。 #jisui

「今年はゴボウの出来が良いです。」とNHKニュースで見ちゃったのでさっそくゴボウを買いまして、ちょちょっと炒めて頂きました。アンチョビの風味がゴボウ独特の匂いによくあいます。ワインも良いんでしょうが、熱燗もハマリます。やっぱり。
  • [材料の用意]
  • きのこ。えりんぎとしめじ。適量を石突きおとしてざくっときっておきます。
  • ゴボウ。ささがきにして酢水につけておく。
  • 人参。お好みの量を小さめにきっておく。
  • [調味料の用意]
  • オリーブオイル適量。
  • アンチョビー2~3枚くらい。
  • チューブニンニク。適量。
  • [きのこに焼き目をつけましょう]
  • フライパンにオリーブオイルしいて、シメジとエリンギに焼き目を付けてやります。焼き目がついたきのこって好きです。
  • [ゴボウと人参をいれて炒めます]
  • フライパンにどーんといれて、ざーっと火を通したら一端お皿に待避させておきます。
  • [アンチョビとニンニクでソース作り]
  • あいたフライパンにオリーブオイル。アンチョビ、チューブニンニクをいれて弱火で香り出し。焦がさないよにやりましょう。
  • [野菜戻して絡めたら、はい完成]
  • ざーっと絡めるように炒めて味見。必要ならば塩胡椒。ご飯にもあいますが、熱燗がぐいぐいすすむステキな一品です。副菜としても肴としても、是非!

0 コメント: