2010年12月15日水曜日

鶏レバーと砂肝を甘辛く炒め煮込み。鶏モツ煮に敬意を!という感じで七味タップリふりかけて、浦霞をグイっとやる。大変けっこう! #jisui

鶏レバと砂肝で鶏もつ煮リベンジ! #jisui

B-1グランプリで話題のご当地グルメ「鶏モツ煮」を食べたくて、食べたくて。作って見ました、クックパッドを参考にして。前回作った
きみしよメシぶろぐ: 砂肝をあまからーく煮込んでみました。思ったより簡単でコリッとうまい。クサミがあるから生姜とニンニクを効かせてからしたっぷりで! #jisui
の発展系となりましたのよ。

実は「鶏キンカン」入りでも一度作ってみたのですが、それはちょいっと好みじゃございませんでした。ヴィジュアルは良いけど、調理はムズカシイものでございます。鶏キンカンさん。
その写真はこちら。鶏もつ煮作ったよ!きんかんはカチカチになってしまったので、上手な人のやつ、食べたいなあ。 #jisui | Flickr - Photo Sharing!

そんなこんなで今回は「砂肝」「鶏レバ」で再チャレンジした作業記録。タマネギたっぷり加えるとすごく美味しいのでオススメ。とろっと煮えたタマネギをモツと絡めて噛みしめますと、熱燗ががんがん消えていきます。これはなんとも美味しいので、内臓好きにはオススメですよ。
なかなかどうして美味しくできましたが、やっぱりまだまだ改良の余地はあり。今後も鶏モツとは楽しいお付き合いができそうな予感。
鶏モツの扱いなど、とっても参考になった元レシピをリンク。感謝、感謝。

Cpicon 鳥もつ煮 by ちわここ

では、本日の作業記録。フライパンたっぷりの量ができました。
  • 【先ずはレバーと砂肝の下処理。切る】
  • レバーは適当に小さくする
  • 砂肝は白く固い部分を適当に切り飛ばしておく。白い部分のコリコリも美味しいので使います。「コリコリは分離しない方が良い!」「というかその作業めんどくさい!」という方は、適当に細かく切っておくだけでおっけーです。
  • 【下処理。洗います】
  • ボールに入れて水洗い。2回。
  • 塩をまぶして揉み込んで、また水で流してクサミをとる。
  • ざるにあげておきます。
  • 【タマネギを切っておきます】
  • タマネギ1個を適当にクシ切りに。ここはオリジナルにアレンジしたところ。タマネギとろっとして美味しいですよ。タップリ入れてイイと思います。
  • 【タレを作っておきます】
  • 醤油、酒、味醂、砂糖を50ccずつ。元レシピだともうちょっと違うんですが、覚えきれなかったので。で、味をみて醤油と砂糖を足してみましょう。ワタシはちょっと醤油を多めにしました。
  • チューブ生姜を3cmくらい加えたのもオリジナルです。
では、火を使います。
  • 【軽く炒めます】
  • 砂肝とレバーをフライパンで炒めてやりました。元レシピ今見返したら炒めて、ない、ですね。間違えました。
  • 【タレを入れます】
  • ジューッとタレをかけいれて混ぜながら絡めていきます。
  • 【タレを煮詰めます】
  • とろっとしたら煮えてるでしょう。ほい、完成!
  • 【薬味をたっぷりでいただきましょ】
  • 七味や、一味や、長ネギのみじん切りなんかをたっぷりだと凄く美味しいです。
  • 【次回のために】
  • レバーはもっと細かくしてとろっと溶かそうと思います。
  • タマネギは2個か3個入れてもいいなあ。
  • 元レシピ通り炒めずに煮たらとろっとするかな。強火で一気に炊き上げるとイイらしいので試してみたい!

0 コメント: