2011年1月15日土曜日

シミシミのぶり大根を作って熱燗をぐいっとすると、ほら、楽しい週末です。 #jisui

ぶり大根に會津ほまれのにごりと一緒に。 #jisui
  • 【ブリの臭みをとる】
  • 塩振って放置してから熱湯にくぐらせて水洗い。
  • 【大根下ゆでしておく】
  • 鍋その1でしばらく。
  • 【ブリを煮る】
  • 鍋その2に、酒、味醂、醤油、砂糖、生姜、長ネギ。それにブリ。15分煮る。
  • 【大根を煮る】
  • 鍋その2のブリをいったんとりだして、茹でた大根を代わりに入れる。水もドボッといれて20分煮てシミシミに。鍋その1はココで役目終了。
  • 【ブリを戻して煮詰めるように】
  • 味をしっかりシミさせて、ゆず皮でも乗っけたら完成です!
ちょっとメンドイようですがやってることは簡単です。まとめはこちらで。
Cpicon お鍋二つでぶり大根 by きみしよ

如何にも寒い季節の煮物、という堂々としたご立派様です。ぶり大根。
このぶり大根てヤツはシミシミにした大根がともかく美味しい。一方アラは美味しいけど骨っぽいけど食べづらい。でも、アラは出汁が良く出る気がして外せないですね。割安だし。
つまり、今後ワタクシはどのようにぶり大根と付き合うべきか?と考えた結果「大根たっぷりにして、アラの出汁がシミっシミになったトコロをしこたま食べてやろう」という結論に達しました。
色のすっかり変わった大根はとても良いアテになります。酔えます。冬の今、熱燗と一緒に食べるべき素晴らしい食べ物ですね。大根一本ぐらいぶち込んで作りたいな!

余談ですが、今日の酒は會津ほまれ にごり酒四段仕込み 季節限定 です。甘くて美味しいですよ。最近はほまれ酒造の酒をずいぶん飲んでます。足を伸ばせる距離の酒、なんか良いものです。

それではまた明日お会いしましょう。

0 コメント: