2011年2月17日木曜日

大盛りで食べる。チキンカツを食べる。チキンカレーをかけて食べる。それは胃が大興奮の、とても愉しい時間なのです。 #jisui

チキンカツxチキンカレー! #jisui
  • 【チキンカツは厚めに揚げる】
  • 玉子大さじ1、小麦粉大さじ1のバッター液に1/2枚の鶏むね肉をひたしたらパン粉つけて揚げる。じっくり。
  • 【カレーにたっぷりトッピングして盛る】
  • チキンカツ、玉ねぎと人参のかき揚げ(風)、ポテサラ、千キャベツ、ほうれん草、トマトといろいろ盛ってみました。
カレーの翌日にカツを揚げる。それはつまり、狙い澄ませたチキンカツカレー。どっちも一食になるものを同時に食う。これは贅沢だ!やすいチキンカツですけどね。上等でしょうが!

鶏むね肉は揚げすぎるとかたーく締まってしまいがちですが、大きめにきって低めの温度で揚げれば大丈夫のようです。衣はカリッと仕上げたいので、一度丘に上げて余熱で火を通してから油の温度を高めにして二度揚げ。サクサク良い食感の衣になりました。
トッピングのポテサラはやっぱりうまいですが、フレッシュトマトも良いですね。雑にクシ切りにしただけですが、もっと手間をかけるならサイの目に切ってドレッシングでマリネしとくとより美味しいだろうなあ。ちょっと酸味が入るとトッピングとしてさらに良い気がします。キャベツの千切りも塩気をまろやかにしてくれて良いですね。レタスよりはうちにある確率が高いので作りやすい。ほうれん草は茹でて洗っただけ。好きなんです、ほうれん草。草系ではかなり上位。カレーにほうれん草臭さがばっちりだと思うのですが、御意見如何でしょう?
バッター液が余ったので作ったかき揚げ(風)な人参と玉ねぎも、以外とカレーにあいましたよ。甘みがある野菜に衣が揚げ玉感覚でボリュームをプラスしてくれます。油の中で分解してしまったのが残念ですが、要練習ですねえ。

ご覧の通り、けっこうな量。食べ終わってから1時間しても胃からエアーがぼっふんぼっふんあがって来やがります。クイスギータ。でも、後悔はなし。満足感で脳が痺れています。苦しいけど、それはしかと。「都合の悪いことは極力無かったことにしてやりたい」と、常々考えていることをただ実行するまでです。矛盾無く、矛盾を握りつぶしたいんですよ。

私、普段からカロリーコントロールなどしていませんが、頭の片隅には「ボリュームありすぎかな?」と考えているものです。それを取っ払って全力で食うというのもまた愉しい。大食は、愉しいことです!久々に私と私の胃袋に思い知らせてやりましたし、思い知りました。
それではまた明日お会いしましょう。ご馳走様!

0 コメント: