2011年3月15日火曜日

がっつり食おうよ。鶏モモの野菜炒め丼を今日はちょっとナンプラーとレモン汁でエスニック方面に引っ張ったオイスターソース味にしてみました。コッテリしつつエスニックでうめえっすよ! #jisui

鶏モモのオイスター炒めナンプラー風味丼!
  • 【鶏モモと野菜を酒と味醂で炒める】
  • チューブニンニク効かせて肉と野菜をざっと炒めたら、酒と味醂とオイスターソース味で。
  • 【エスニックにキメル】
  • ナンプラーとレモン汁入れて味見。必要とあらば塩胡椒で味を整えたら米にのっけて完成!
細かいところはクックパッドに書いておきましたので、よかったら見てくださいな。
Cpicon 鶏モモ野菜炒め丼オイスター&ナンプラー風 by きみしよ

もりもり食ってますか!?たっぷり食わねば力も出まい。ツライ雰囲気漂ったとしても、私はともかく飯を食う。ガツガツたっぷりかっ込んで頬袋いっぱいに米が満ちる。丼って言うのはそういうもんだと思うんだ。元気出すなら丼だよ!
だから、余った材料と米があったらとりあえず炒めて米にのっけて、元気を補給したいと思います。

酒と味醂をいれてざっと火を通したら、後は好き勝手に味を付けてやりゃあいいわけです。今日はオイスターソースでこってりさせつつ、最後にナンプラーで独特な香りを出し、レモン汁でちょいと酸味を加えてコッテリ濃厚なのにガンガンすすり込める仕様を狙いました。
最後にごまを散らしたのは香ばしさマシという効果もさることながら、見た目もちっとはマシになるなんていう効果を狙ってるんですよ。
写真撮って人様に見せる。これって割と重要で。本来的には「いかんべ~」と一手間惜しむところをやれるんです。見栄で動いて襟元を正せるんです。
矜持って必要で記事など制作物もそうだけど、自分自身に関してもそう。ヒトに会わない、喋らない、コミュニケーションしないとなると、どんどん手を抜いていって見た目がよろしく無くなっていってしまう。マイナスに落ち込んでしまう。
だから私はいろんなヒトとあって、喋って、できれば乾杯なんかしたいと常々思っているわけです。

地震はまだまだ余震続き。復旧だってけっこうかかるでしょう。そんな状況で孤立はマズイ。対面で人とつながるのがベストだと思うんだけど、それが駄目ならネットでだってどんどんコミュニケートして、背筋伸ばした姿勢をとってキモチを切り替えていかないとね。だからまた明日も飯の記事をあげようと思います。オンラインでの外面を保つのに、どうぞ一つご協力を。では、また!

0 コメント: