2011年4月12日火曜日

昨晩のおかずを再利用する、という行為はとても美しいと思う。環境にもお財布にも優しいんだ。二次創作って良い言葉。昨日の偽ストロガノフが、本日はボロネーゼ風の何かになりました。同居人が作るおじき飯です! #jisui

同居人おじきが作る、昨日の偽ストロガノフアレンジからのボロネーゼ風!美味い! #jisui
  • 【ソースを味付けする】
  • (昨晩の)ミートソース(的な何か)に牛挽肉、チーズ、バター、玉ねぎソースなど加えてコッテリ仕上げにする。
  • 【麺をいれる】
  • ゆでたパスタをたっぷりと絡めて完成!
昨晩の残りを如何にして活かすか?それはとても大切な課題です。昨日とまるっきり同じものは食べたくない。が、厳然たる事実としてそこに昨日の晩ご飯の残りが在る。一から作成するよりむしろ難しいこの状況を打破する事は、とっても素敵な作戦行為なのです。

そして本日の食事担当OJIKIは其れをクリアーした。かなり良い形で。すばらしい。

昨日の晩ご飯はこちらの記事でも書いた
きみしよメシぶろぐ: ビーフストロガノフってのを作りたかったんだけど、若干の貧乏アレンジしちゃったからそう名乗っていいのかどうか、わからない。でも、1つ言えることは「これ、うめえ!米にあうよ!」って事なのだ。おすすめ! #jisui
で作った偽ストロガノフ。
これを食べながら同居人は言った。

「おい、これ。牛っぽいミートソースじゃあねえか?」

なんだとこのやろー。俺の偽ストロガノフになんて事を言いやがる。そんな風に一瞬は反発を覚えたものの、よくよく味わってみるとなるほど納得。ケチャップとソースで好みな感じに味を整えておりますから、知らず知らずのうちに「いつも食ってるような味」に近しくなっていたのかしら。良くもあり、悪くもなるなあ。ワンパターンに陥りそうさ、HAHAHAHA。
なんてのが昨晩の出来事。

そして本日の料理担当OJIKIは己の告げた言葉の伏線をしっかりと回収するように、余った「偽ストロガノフ」を使って「ボロネーゼっぽい何か」を作ってくれました。
とろけるチーズと追いバターでコッテリと。隠し味は市販のたまねぎソースだそうです。なるほど、鉄板な組み合わせ。腰の入った美味さです。
チーズのたっぷりと絡まった麺はボリューミーで満足感があり、大変幸せ度が高め。気に入りました。ごちそうさま。

それではまた明日。たぶん唐揚げあたりでお会いしましょう。

0 コメント: