2011年9月28日水曜日

ソウルフードってほど大袈裟なものではないけれど、やっぱり栃木県民のハンバーグは宮のたれの味が心に響くと思います!同居人OJIKIが不意撃ってきたハンヴァーグに郷愁を誘われたわけですよ。地元にいるのに。

同居人OJIKIが作った本日のハンバーグは宮のたれで栃木人ホイホイ!

  • 【ハンバーグのタネを用意する】
  • スーパーなどのできあいでよし。作るなら、挽肉にタマネギ、パン粉、たまご、塩胡椒、ナツメグなど混ぜてやりましょ。今日の本題はそこじゃないよ!
  • 【焼く】
  • なんてこっちゃなく両面に焼き目。そんで水を入れ蓋をして茹でると蒸すの中間から蓋をハズして水をとばしきってやる感じが好きです。
  • 【たれをかける】
  • 本題!「宮のたれ」をかけてやる。はい、俺たちのファミレスってこういう味!完成!
典型的アラサー栃木県民の基礎。ファミレスはステーキ宮。大正解ではないにしろ、だいたいあってるんじゃないかしら?雰囲気トークです。

ともかくステーキ宮のおいしいおろしだれ「宮のたれ」はスーパーで普通に小売りされてるわけでして、これを肉にかけるとだいたい幸せになれます。おろしの入った醤油だれって半分くらいは幸せでできてるんだ。パーハップス。
栃木におこしの際には是非、宮ステーキ系列で宮のたれを。なんてこっちゃない?それがいいのですよ。普通にうまい。普通、定番、真っ向勝負のなんと素敵なことでしょうかっ。

それではニンニククサイお口で、また明日。

0 コメント: