2011年10月18日火曜日

炒めた海老とかつお生利節をいれた魚介スープ「シニガン」を料理部顧問が作ってくれました。フィリピン料理アレンジだそうですよ。エスニック系おいしい!

顧問が作ったフィリピン料理シニガンは魚介をいろいろ入れたエスニックスープ!

  • 【海老を炒める】
  • 殻付きのままごま油で軽く炒めてよけておく。
  • 【具材を煮る】
  • 鍋に水を張り野菜(にんにく、トマト、茄子、大根、青唐辛子など)と青魚(今回はかつおの生利節)を入れ、塩を加えて煮る。ライムの皮もにおい消しに入れると良い。
  • 【海老を入れて調味】
  • 炒めておいた海老、それにシシトウもいれてナンプラー、レモンとライムの絞り汁で味をクサ酸っぱく整えて完成!
魚介とニンニクの香りがすごい。いかにもエスニック!という心躍るスープです。
ポイントはニンニク、海老、青魚の風味を出してコクを持たせる、ってあたりでしょうか。酸っぱクサはほんとおいしい。がっつり辛くしたらトムヤムクンにかなり近いソレになるのではあるまいかー。

制作は料理部顧問の零蔵さんで。ごちそうさまです。

かつお生利節は初めてたべましたが、これがなかなか良い。かなり旨い。魚介の風味が強いので、ショウガ効かせて具だくさん味噌汁なんかにも使ってみたいなあ。良い食材教えてもらった。わくわくです。

さて、それでは今日はこのへんで。また明日ですよー!

0 コメント: